神保町

秋の服に衣替えするこの季節、
カフショップ店舗のウィンドウも衣替えしました。

ウィンドウを見る方向によって、いろいろな動物たちが見えてくる、
「秋の森」をイメージしたディスプレイです。

カフショップのオリジナル・カフリンクスの新作をはじめ、
新たに入荷したセレクト(海外からの輸入)カフリンクスなど
ご紹介しています。

2013年秋カフショップ-12013年秋カフショップ-2







2013年秋カフショップ-32013年秋カフショップ-4







ピクチャーアニマル リスセレクト ボタン








バイオリン 茶ラインストーン花








★カフリンクス(カフスボタン)専門店カフショップ

BSイレブンの特集番組『神保町』にて、カフショップをご紹介いただきます。
放送は、11月11日(金)17時です!

お時間がありましたら、ぜひ!ご覧になってみてください。

カフリンクス(カフスボタン)専門店カフショップ

散歩の達人2011年11月号












10月21日に発売された『散歩の達人』11月号で、カフショップをご紹介いただきました。

神保町には、名店といわれる飲食店や歴史的な建造物が数多くある一方で、新たにユニークな専門店やギャラリーなどが生まれています。
本誌は、そんな古くて新しい不思議な街・神保町の楽しみ方を教えてくれます。


10月末から11月にかけて、神保町はイベントが盛りだくさん。

10月27日〜11月3日 神田古本まつり

10月29日・30日 神保町ブックフェスティバル(新刊も格安!)

10月28日〜30日 神田スポーツ祭り(29日・30日 第1回神田カレーグランプリ2011)

神田のカレーの名店が広場に集い、人気投票を行う神田カレー・グランプリ。
気軽にカレーの味比べが出来きそうで、個人的にとても楽しみにしています。
グランプリの行方も気になるところ。

秋の一日、神保町をお散歩して、「読書の秋」、そして「食欲の秋」を満喫されてはいかがでしょうか?


カフリンクス(カフスボタン)専門店カフショップ

散歩の達人169











『散歩の達人』東京老舗(しにせ)特集号。

連載『駅ぶらりんこ_九段下駅』でカフショップを(ちょこっと)ご紹介いただきました。

九段下といえば靖国神社、武道館が有名。
また都心のオフィス街というイメージですが、ビルの谷間の奥に、昔ながらの和菓子屋さんや喫茶店、ギャラリーがあったりします。

3月26日〜4月4日は『千代田のさくらまつり』。
千鳥ヶ淵の桜のライトアップ、靖国神社のさくらフェスティバルなど、
周辺でさまざまなイベントが開催されます。

例年、桜の季節は、靖国通りや靖国神社は大勢の人で賑わいますが、一本奥に入った道は打って変わってとても静か。落ち着いた雰囲気が楽しめます。

お花見ついでに九段下の奥を探索されてはいかがでしょうか?

カフリンクス(カフスボタン)専門店カフショップ

『はじめての神保町』表紙『はじめての神保町』2












この10月に発売された神保町のガイドブックです。

本の帯には、『ずっと変わらないけれど、新しい風が吹いている。
神保町はそのバランスが絶妙です』とあります。

神保町は、数十年も続く喫茶店や専門店が、昔と変わらぬ姿で営業されている一方、新しい個性的なお店もたくさんあるのです。

新しいお店も、それぞれ神保町に惚れて(?)この地にやって来た、という感じで、新参者であっても、ゆったりとした神保町の佇まいに溶け込んで心地良さそうです。

本書は『はじめての神保町』というタイトルですが、神保町ビギナーからヘビーユーザーまで、本当にお奨めのガイドブック。

ビニールカバーつきで軽量と、持ち歩きにももってこい。
付録にカレー用スプーンの栞(しおり)がついて、これがいかにも神保町らしくてニヤニヤしてしまいました。



千代田図書館情報誌1千代田図書館情報誌2












千代田区立千代田図書館の情報誌です。
千代田区の街案内コーナー『コンシェジェがゆく』でカフショップをご紹介いただきました。
今号は、現在、千代田図書館が毎月第1月曜日に開催している「靴磨きイベント」にちなんだ『日用「逸」品』特集です。

ビジネスシーンを応援するアイテム、サービスとして、カフショップのほか、時計修理店、万年筆専門店、製本・文具のギャラリー&ショップが掲載されています。

情報誌は、千代田区内の公共施設、都内の図書館、博物館などに置かれるそうです。
機会がありましたら、ぜひご覧ください!

千代田図書館サイト

カフリンクス(カフスボタン)専門店 カフショップ

千代田図書館イベント久々に『神保町散歩』の更新です。

千代田図書館は、九段下駅の交差点から内堀通りを竹橋方面に5分ほど歩いたところ、千代田区役所の9,10階にあります。
最近(2007年)オープンした瀟洒な建物なのですぐにわかると思います。

この千代田図書館。
なんと、夜10時まで開館しているんです!!
(23区の公立図書館では他に豊島区中央図書館が10時まで)
公立図書館では閉館日となっていることが多い月曜日も開館しています。

『あなたのセカンドオフィス。もうひとつの書斎』を
キャッチフレーズとするだけあって、
仕事帰りでも余裕をもって利用できる嬉しいサービスです。

館内では持ち込みパソコンの使用もOK。
また、図書館コンシェルジェが常駐して、施設や書籍を案内してくれるのはもちろんのこと、九段下周辺のレストランなどの情報も入手できます。

“図書館らしからぬ”ユニークなイベントも開催中。
毎月第一月曜日に開催される『千代田図書館で靴も自分も磨く』。
千代田図書館で専門職人さんが靴を磨いてくれます(有料)。
※イベント詳細は、千代田図書館サイト/イベント展示情報をご確認ください。

千代田図書館サイト

イベント展示情報『千代田図書館で靴も自分も磨く』

カフリンクス(カフスボタン)専門店 カフショップ

カフショップがラジオでご紹介されました。

ラジオ日本放送で放送中の『トヨタハッピータウンサーキット』。
毎週、ひとつの街を特集して、その街の中で週末に訪れたいオススメのスポットを紹介しています。

今週の特集は『神保町』。
カフショップも、明日9月18日(木)10時55分頃にご紹介いただきました!


★トヨタハッピータウンサーキットのサイト
神保町の隠れた?名所・名店情報が掲載されています!

仲田さん
取材で来店されたレポーターの仲田真紀子氏。
美人でとても素敵な方でした♪

★カフリンクス専門店カフショップ

神田神保町周辺のグルメ&便利情報満載サイト。
スゴイ&おもしろい店/専門店のページでカフショップをご紹介いただいております。

神保町といえば、とにかく古書店街が有名。
また最近はカレーの専門店が集まる「カレーの街」としても知られています。
しかし、それ以外にもユニークなお店がいっぱいあるんです!

都内は再開発がどんどん進んで、新しいショッピング&グルメ・タウンが次々と出来ていますが、神保町は昔ながらの街の佇まいを未だ残している場所。
裏道に「えっ!こんな店が・・・!」と、思わぬ発見があったりします。

神保町ブラブラ歩きのお伴にどうぞ。

★ナビブラ神保町 
★スゴイ&おもしろい店/専門店 

カフショップ店舗ウィンドウカフショップ店舗内観








宝探しの屋根裏部屋とおもちゃ箱

都心のビルの隙間に、幼いころ遊んだ屋根裏部屋を発見。
屋根裏部屋は、大人たちがどうしても捨てられない物、ガラクタが詰まった場所。
しかし、子どもにとっては、心地よい隠れ家であり、
胸がわくわくする宝探しの場所でもあった。

****************************************************************

大人になって子供の頃のおもちゃ箱を探し出した。
子供にとって、その箱は大切なものを入れるだけの箱でしかなかった。
大人になってその箱を再発見した。
再発見したのは、その箱のうつくしさ。
古いけれども丈夫なブリキの箱。
ふたに付けられた、いくつもの凹凸。
細い線で描かれた店のロゴマーク。
四隅がしっかりとした貼箱。
濃い色紙の箱と淡い色のふた。
その濃い色と淡い色の境目が、「いつでも開けてくれ」と
準備をしてくれているよう。

今また、その部屋と箱を使い始めようと思った。
子供の宝物を思い出とともに、しまっては置かない。
思い出の中の夢は何だったか考えてみる。

****************************************************************

カフショップの新店舗のイメージは、子どものころ、隠れ家、探検場所として遊んだ屋根裏。
他人から見ればガラクタ、しかし当人とっては大切な物をしまう場所、そして、掘り起こせば何か新しい発見、宝物がみつかるかもしれない場所。
多忙なビジネスマンをはじめ、さまざまなお客様が、気ぜわしい日常からしばし離れ、カフリンクスで遊べる空間を目指しています。

↑このページのトップヘ