タイバー

SWANK1958-1
SWANK1958-2










SWANK1958-3









1958年のスワンク雑誌広告です。

誕生石をあしらったカフリンクス&タイバー。
金色の流線の用いたカフスとタイバー、そしてパッケージは、当時流行した近未来をイメージさせるデザイン。
現在からみれば、レトロ・フューチャー・デザインとも呼ぶことができます。

12種類の誕生石は、それぞれ天然石の色を模したガラスです。
輸入品の上質なクリスタル・ガラスと記されています。

誕生石のラインナップは・・・

1月 ガーネット
2月 アメジスト
3月 アクアマリン
4月 クリスタル
5月 エメラルド
6月 アレクサンドライト
7月 ルビー
8月 ペリドット
9月 サファイヤ
10月 ローズ(ローズクォーツ)
11月 トパーズ
12月 ブルー・ジルコン

あれれ??!

6月はパール(真珠)では?
12月はターコイズ(トルコ石)じゃないの?

などと、疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

誕生石は、1912年にアメリカの宝石業界が誕生月にちなむ宝石を定めたのが始まりとされています。その後、誕生石は世界中に広まり、各国でも誕生石の宝石種が定められるようになりました。

上記のラインナップは、アメリカの宝石業界が定めた種類とも少々異なっています。
クリスタル・ガラスの美しさを生かすべく、透明石で誕生石を統一した
SWANK独自の誕生石と言えそうです。

カフリンクス(カフスボタン)専門店 カフショップ

HICKOKは、SWANKやKrementzなどと並び、アメリカの紳士装身具の代表的なブランド。
1938年のギフト用品の雑誌広告です。

ヒーコック広告1












カフリンクスに注目すると、1938年のこの時期には、現在のカフリンクスでよく見られる回転式の足になっています。
黒蝶貝(くろちょうがい)、オニキスやタイガーアイなどの天然石をあしらったカフリンクスは、小ぶりかつシンプルなデザイン。台座はゴールド・カラーが主流だったよう。

カフリンクスとスタッズ(タキシード用シャツの胸元を飾るボタン)がセットされたボックスのほか、カフリンクスとタイ・チェーン(タイバー)とカラー・バーのセットが掲載されています。

タイ・バーとカフスの2点セットは今でもよく見かけますが、カラー・バーまでセットされているものは見たことがありません。
また、このチェーンがついたタイ・バーも、現在、新品では入手が難しいデザインでしょう。

ヒーコック広告2ヒーコック3








手持ちのタイ・チェーン(昔の品)を少しご紹介させていただきます。
チェーンも1連だけではなく、2連、3連のタイプもあり、女性用アクセサリーも顔負けの華やかさ。チェーンの先にチャームがついたもの、1文字〜3文字のイニシャルのプレートがついたものなど、様々なデザインのタイ・チェーンが見られます。

タイ・チェーン1







タイ・チェーンをネクタイにつけるとこんな感じ。

結んだタイの小剣とシャツの合わせをクリップではさみ、タイの大剣をチェーンのなかに通します。
タイ・チェーンの中にはクリップが伸縮式のものもあります。
留める位置やネクタイの幅に合わてクリップの長さを調節すれば、チェーンのラインが歪まず、ぴしっとつけられます。

1930年代の紳士のお洒落。優雅な胸元を想像させる品です。

タイ・チェーン2タイ・チェーン3










カフリンクス(カフスボタン)専門店カフショップ

ラッキーペニーのタイバー







ラッキーペニー(米国1セント硬貨)をあしらったタイバー。
カフショップでは、1945年〜82年発行の実物硬貨を使用したカフリンクス、ラッキーペニーを販売しています。
タイバーは通常、販売していません。
写真のタイバーは、お客様のご希望により製作した特注品です。

カフリンクスと同じく、硬貨の発行年をご指定いただけます。
また、バーの上の硬貨の取り付け位置も、ご希望に沿って製作します。
費用は1個9,240円(税込)。
製作期間は2ヶ月ほど。

ラッキーペニー・タイバーの製作をご希望の場合は、メール、またはお電話でカフショップまでお問い合わせください。

ラッキーペニー(カフリンクス)
カフリンクス(カフスボタン)専門店カフショップ

バッファローマネークリップバッファロータイバー







昨年、カフリンクスのオーダーメイドをご利用いただいたお客様より
今年はマネークリップ&タイバーのご注文を承りました。

プレゼント用にご注文された前回のカフリンクスが好評だったとのこと。
こんなお話を伺うと、私どもも本当に嬉しいです!!


ちなみに前回製作したカフリンクスはこちら↓
バッファロー







レーザー彫刻の場合は、彫刻用データ(この場合はバッファローのシルエット)を製作しますと、このデータで複数の製品に彫刻することができます。

製作したデータは、基本的に当店で保管しますので、
時期をずらして追加で前回と同じ品を製作したり、形や色の違うカフリンクス、またマネークリップなど、バリエーションを増やせます。

今回のお客様のように、オリジナルの「バッファロー・シリーズ」を作ることもできますね。

タイバーは4×50mmほどのスリムでシンプルなもの。
ネクタイのアクセントとして使うほか、ラペルのボタンホールに刺してラペルピンとして使うこともできます。


★カフリンクスのオーダーメイド


↑このページのトップヘ