まだまだ続く世界一周カフリンクスの旅。
ここからは東洋、アジアをめぐります。


日本/七宝カフスまずは日本から七宝のカフリンクス。日本の有線七宝は、西洋のエナメルとはまた異なる魅力、独特な趣きがあります。モチーフは獅子のようです。







香港/カフス獅子の次は虎。サンダルウッド(白檀)の彫刻カフリンクスは香港から。サンダルウッドはインド、インドシナなどの一部の地域を産地とする希少な香木。特に工芸用の材は産出国で輸出が制限されていますので、現在、このようなカフリンクスを日本で作るのは難しいのです。




東洋/ブラックアイボリー彫刻カフス
手彫りの黒い馬のカフリンクス。素材は、おそらくブラック・ホーン(黒水牛の角)なのではないかと思います。







東洋4/カフス手彫り象牙の鷲のカフリンクス。象牙は、古来より工芸品の素材として珍重されてきました。日本で作られた象牙の根付(ねつけ)は、その芸術性が高く評価され、国内外に熱心なコレクターが存在します。使い込むほどに飴色に変わっていくのも象牙の魅力のひとつ。写真のカフスも現存すれば、50年近い時を経て風格が出ているかもしれません。



東洋2/カフス2本の竹を組み合わせたカフリンクス。竹は、日本、アジアの各地で古くから様々な品に加工されてきました。丈夫な節の部分は、今も服のボタン、日用品の留具として利用されています。写真のカフスは、金属爪がアクセントとなって、素朴な力強さのなかにも洗練された雰囲気があると思います。





東洋1/カフスボタン東洋3/カフスボタン2点とも翡翠(ひすい)細工のカフリンクス。翡翠の緑と金色のコントラストが綺麗です。中国では古くから翡翠で宝飾品や器などが作られ、現代でも翡翠の工芸品は中国特産品となっています。


5珊瑚カフス養殖真珠と珊瑚を埋め込んだカフリンクス。黒色のベースに真珠、珊瑚の自然の形、色が映えて、美しい絵画のようです。
ここまでご紹介してきたカフリンクスには、それぞれ商品の説明文に“from Japan”、“from orient”等、国や地域の名前があるのですが、このカフリンクスにはそれがありません。特定の国、地域を越えて・・・・海、地球からの贈り物ということでしょうか。


★カフショップのヴィンテージ・カフリンクス